ヘルニアの痛みについて

アポロヒーリングセンター〜整形外科・接骨院・カイロプラクティック・針・灸・指圧・マッサージ等すべて体験して効果の無かった方ご相談ください。
FOAきらく整体 名古屋駅前店 HP
激しくつらいヘルニアの痛みについて
ヘルニア・椎間板ヘルニアとその激しい痛み(お尻〜足へかけて)

一般的にヘルニアあるいは椎間板ヘルニアと言われている症状は、腰・お尻・足にかけて痛みが発生することが多く、初期症状ではひざ下にだけ痛みがある場合もあります。ところが重症の患者様では腰の激しい痛みで歩けない、車の運転が出来なくなる事例もあり睡眠中以外はほとんどが痛みの時間になる悲惨な例もあります。
このページではそんなヘルニアとその痛みについて解説します。

椎間板と椎間板ヘルニアについて
人間の背骨は24個の骨で構成されていますが、椎間板とは背骨の骨と骨のあいだにあってクッションのような役割をしているものです。この椎間板は真ん中に柔らかいゼリー状の髄核と、その周辺を取り囲んでいる線維輪とで構成されています。椎間板ヘルニアは髄核が後方へ脱出し馬尾神経や神経根を圧迫した状態をいいます。
この飛び出した(膨れた)椎間板が神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすと言われています。

経験者にしかわからない、ヘルニアの症状からくる激しい痛みと苦しみ
長期間にわたり、臀部(お尻)から足にかけ猛烈な激痛を訴えることが多い。人によってはナイフで背中をえぐられるような痛みと表現するときまであります。初期症状では股関節に違和感を覚えたり、歩きにくくなったりするようです。ヘルニアの初期の段階では下肢痛があることも多いようです。足の裏側にしびれを感じる場合もありますし、足のオモテ側にしびれを感じることもあります。

痛みはスポーツや重労働でいきなり発症する場合のほか、怪我などをした際に腰を強打することで後遺症として発症することもあります。段階的に強くなりついに歩けない状態にまで陥ることがあります。当院に来院される方の中には、両親や親類の方に、両肩を貸してもらっていないと、 歩いて来られないような悲惨な症状の方までいらっしゃいます。

・坐骨神経痛
・腰痛、歩行困難
・腰から足先にかけてしびれや時に激しい痛み
・感覚障害
・重度の場合 排尿障害なども 

腰痛もそうですが、ヘルニアも腰から下肢を中心とした痛みであることで症状が進むと日常生活で非常な困難を抱えてしまいます。最初は片足側だけの痛みや痺れであることが多いようですが日々続くようになり、やがて朝ベットから起き上がれないような症状にまでなります。

ヘルニアの痛みは、それを体験したことのない人にはわからない苦しみです。
この痛みは、寝ているときや横になっているときにも続いていることが多く、ひどい方
では痛みによってからだが自然に曲がってしまうほど。またこのレベルになると、痛みと体のゆがみで歩いていられないことがほとんどです。

就寝中も激しい痛みがひかないことは、体験をされた患者様からお伺いするかぎり、本当に地獄のような体験だということです。

ヘルニアの最も大変なことは、本来幸せで活動的な毎日を送ることができた人が、このような腰から下肢にかけての激痛で寝たきりになったり、絶え間ない痛みによる苦痛に苦しむことになってしまうことです。

また人によってはでん部から足にかけて電撃痛とでも呼ぶような激痛が走ります。
ヘルニアは比較的年齢が若くても発症することがあり、本人が青春のただ中であったり、一家の大黒柱として働き盛りの年齢であったりするにも関わらず、症状が進み自身では満足に歩行することができず両親やご家族に肩を貸してもらい付き添われている姿は本当に心の痛む光景です。

当院以外のサイトにも患者様本人の投稿等が掲載されていますが、ヘルニアの痛みは進行すると大の大人が泣くほどの痛みであり、通常は我慢ができません。したがって重度になると通常の社会生活が困難になったり(お仕事を続けることができない等)、痛みのあまり自身の命を絶つことを真剣に考えてしまうような状況に追い込まれる方も少なくないのです。

当院を設立当初、口コミや紹介で来院される方の中に「ここでダメだったら死のうと思っていた」と実際に話される方が何名もいらっしゃって驚いたことがあります。

しかし最近の欧米を中心とした、腰痛・ヘルニアに対するEBM(科学的根拠に基づく医療)によると、X線写真・MRIなどの画像診断にヘルニアの徴候が発見されたにしても、それが痛みの根拠とならないことが確認されています。また、福島大学医学部教授・菊池臣一先生によれば、「手術の有無に関わらず、5年後の痛みの状態に優位差は生じない。」つまり、手術しようがしまいが、5年後にその痛みはない。とはっきり明言され、手術よりむしろ徒手療法を推奨されています。

このように、腰痛・ヘルニアの痛みは、治ることのない難病ではなく、その真因を突き止め、適切な矯正を施せば、必ずやその痛みから解放される、というのが私達の施術に対する信念であり、また最近はそのような方向性の学説が多くの研究者から出てきていると考えています。

ちなみにヘルニアの痛みに関しての追記ですが、病院での検査の一部は神経に関連する部分に注射等をするため、検査それ自体が体験したことのない人には説明ができないような激しい痛みを伴う場合もあることが、来院された患者様によりよく言われることです。


カイロプラクティス等ではない、まったく新しい手技手法
ヘルニアの激痛は、それを受けている人の人生を阻害する憎むべき症状だと当院は考えます。ですから、この激痛からの早期解放こそが、当院の使命なのだと肝に銘じながら、日々矯正に臨んでいます。

当院はこれまでの手術以外のヘルニア対策である「カイロプラクティス」や整体術などと根本的に異なる考え方から始まっています。それは「膜医学」という学説から、痛みの原因は骨や筋肉ではなく、それらを包み込んでいる筋膜から発生しているという考えに根ざしています。

施術の基本は、必要な部位に向けて手技によりさまざまな角度から振動を与えていくというまったく独自の手法です。当然ですが、痛みはまったくありません。

また、カイロや整体術のように「骨をぽきぽき鳴らす」ようなことは一切なく、一部の
ヘルニアでは禁忌施術とされるようなほかの手技手法とも根本的に異なります。

当院に来られるかたで、腰痛やヘルニアの悩みではじめてこのような治療院に足を
運んだという方は稀で、ほとんどの方が1度や2度はさまざまな治療院に通った経験
のある方です。そのため、期待していて治らなかった経験があり、疑心暗鬼にとらわれている方も多いのですが、他の治療院で悪化した方の施術までも責任を持って行わせて頂いておりますので、どうかご安心下さい。

ただし、施術の効果に関しては重度のヘルニア・腰痛で来院された方のほぼすべてに
高い満足を頂いておりますので、自信を持っておりますし、常に技術の研鑽を重ねています。もし宜しければ一度ぜひご相談下さい。


世界で唯一、痛みのない骨膜矯正術
慢性腰痛と痛みの症例
お客様の広場
アクセスマップ
プロスポーツ障害と腰痛
ご予約はお電話にて御願い致します